窓の西日対策 暑い季節、節電にもなります

この記事は2分で読めます

窓の西日対策 暑い季節、節電にもなって一石二鳥

 

 

長く暑い夏、エアコンを一度でも稼働させてしまうと、もうやめられなくなってしまいますよね。

 

 

エアコン(なるべく)使わずに、夏を乗り切っていきたいところです。

 

節電対策として、室内の温度上昇防止対策として、西日を入れない事です。そして、風が重要です。

 

 

さらに、手のひらや足の裏、そしてリンパを冷やして体温の上昇を防ぐ事が大切です。

 

 

西日はですね、冬は暖かくてありがたいし、夏でも洗濯物をガンガン乾かしてくれるので大切なんですが、真夏は猛烈な暑さの元になります。

 

 

西側に窓がある部屋は、窓に断熱シート(フィルム)を貼る、更に遮光カーテンで光の侵入を防ぎます。

 

 

これだけで、部屋の温度はかなり違います。節約したい人は、お高い断熱シートの代わりに、100均のアルミシートでもなかなかいいです。

 

 

部屋はちょっと暗くなってしうのが残念なとこではありますが、暑いよりはマシでしょうか。

 

 

涼しさに重要なのは「風」です。

 
自然風がお金のかからない最高の風ですが、なかなか思うようには入ってきてくれないのも自然です。

 

 

なので、ここは昔からの夏の味方!扇風機を利用しましょう。

 
風が吹いている、部屋の空気を回してくれるだけで、気持ちが涼しくなるはずです。

 
熱風なんじゃないの?と思いますが、風が無いよりはあった方がいいんです。

 

 

なぜならば、体温を下げてくれるのに必要なんです。

 

 

暑さ寒さを一番に左右するのが、「手のひら」です。

 
手のひらが冷たくなると、体温も低く感じてきます。逆に冬は温めるといいんですよ。

 
手を保冷剤なんかで冷やしつつ、さらに首筋、脇の下などのリンパを冷やし、扇風機の風をうけると、ガンガン冷えていきます。でも、冷やしすぎには注意しましょうね。

 

 

余裕がある人は足元にヒンヤリするような素材のカーペットを敷くのもいいですね。

 

 

イグサでできたゴザのようなカーペットも売っているので、香りもプラスして涼しさを得られます。

 

 

エアコンを使わず、できる限りの節電ができた時、もっと涼しくなれるかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

 
  

このページとよく似たページです:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このサイトについて

            Snowman on sand

みんなで作り上げていくブログです。それぞれ違う年齢、立場の方々から、体験談・口コミや、季節に関する、さまざまな豆知識を収集し、発信しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る