アヤナス 化粧水の値段がお得な通販・販売店舗と評判は…|ディセンシア

この記事は8分で読めます

アヤナス 化粧水の値段がお得な通販・販売店舗と評判は…|ディセンシア

 

ディセンシア(DECENCIA)のayanasu 化粧水、アヤナス ローション コンセントレートは敏感肌の人の口コミでも評判ですね。

 

わたしも以前からお世話になっているラインなので、リニューアルに伴いレビューしてみたいと思います。

 
購入についてですが、今はネットが便利で通販を利用する人も多いと思います。

 

amazonや他店だと在庫切れになったり、値段が割高だったり、送料がかかったりすることが多いです。

 

やっぱりお値段(送料無料になりますし、ポイントもたまりやすい)ことを考えるとわたしはやっぱりこちらがお得かなと↓↓

 

<アヤナス(ayanasu)化粧水の販売店舗と評判>

 

⇒アヤナス(ayanasu)化粧水について

 

 

肌が敏感になったり、調子が悪いなぁと感じるときに使う化粧品のうちの一つがアヤナス(ayanasu)です。

 

特に化粧水は、他のものだとしみることがあっても、アヤナスだけは普通に使えるのですよね、もちろん万人にそうだとは言い切れないと思います。

 

肌荒れと一言で言ってもかゆみやニキビ、乾燥、痒くも痛くもないブツブツなど様々な肌荒れが存在します。

 

4月や9月など、季節の変わり目になると普段以上に肌荒れを引き起こす人が多く、そのほとんどの人が「季節の変わり目だからかな?」と思っています。

 

ですが季節の変わり目というのはそれほど肌荒れに関係なく、肌荒れのほとんどが“ストレス“と“疲労“からきます。

 

アヤナスの魅力のうちの一つに、外部刺激・心理面でのストレスに強いということがあげられます。
 
ストレスによって、結果皮膚のバリア機能が低下するわけですがそうならないうちに、血流や炎症、乾燥肌の改善を促して止めてくれるのです。

 
どうして季節の変わり目に肌荒れを引き起こす人が多くなるかというと、4月であれば転職をして新しい職場や就職先、昇格したプレッシャーなど、新しいことに挑戦したり、今まで以上に責任感が強くなる季節でもあるためそのストレスや疲労から肌荒れを起こしがちなんですよね。

 

また、9月であれば新しい職場に気持ちも体も慣れ始め、緊張感が解け始める時期でもあるためそのストレスや疲労から肌荒れをしやすかったりします。

 
会社によっては年末に向けて“繁忙期“が始まりだす下半期でもあるため、そのストレスや疲労から肌荒れになります。
 

もちろん会社勤めに関係なく、家事のストレスや人間関係、受験や過度なダイエットでも肌荒れになり、女性であれば長時間のメイクでも、長いこと十分な呼吸をすることができない肌がストレスを感じて肌荒れが起こります。

 


 

そもそも、ストレスと疲労で肌荒れが起きてしまう理由としては、肉体的な疲労やストレスは自律神経が乱れ、体全体の血流の流れの悪化があげられます。

 

血流の流れが悪くなると体の中で上手く血流が循環されなくなるため、皮膚または肌の調子が悪くなり肌荒れを引き起こすのです。

 

アヤナスの化粧水(アヤナス ローション コンセントレート)には、ストレスによる皮膚の体温の低下、またそれによる血行不良を防ぐのに効果的とされるジンセンXが配合されています。

 

他にも、パルマリン、ビルベリー葉エキスと合わせて重点的にお肌のストレス反応に対しアプローチしてくれるのですね。

 

また、精神的ストレスの場合「胃が食べ物を受け付けない」「胃がキリキリするからヨーグルトだけにしよう」などと胃の負担を考えて不規則な食事になります。
 

ですがかえって胃の負担を考えて不規則な食事にしてしまうことで胃の働きが悪くなり、代謝が悪くなってしまうことで体内に老廃物が溜まり、肌荒れの原因になってしまうのです。

 

当たり前のことではありますが、ストレスが溜まった時は少しでもストレス発散できることをしてみたり、疲労を感じる時は自分なりのリフレッシュ方法を探してみたり、十分な睡眠と十分な食事が大切になります。

 

アヤナス化粧水のビルベリーや、ナチュラルなローズマリーとゼラニウムの香りもまたリラックス効果が期待できます。

 
環境を変えるのは難しいかもしれませんが、規則正しい生活を心掛けることで、精神的、肉体的なストレスからくる肌荒れは軽減されてゆきます。

 

アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)で保湿すると良い理由は他にもあります。

 

 


 

たとえば、鼻のてっぺんの黒いポツポツ…頬の開いた毛穴…開いた毛穴を発見すると気分もちょっと落ち込みますね。
 

なんといっても肌に凹凸ができるから、メイクをしても肌が滑らかに見えないし、厚塗りだとさらに逆効果。なんだか顔もたるんでいるように見えてきて、「あれ、私ってこんなに老けていたっけ…」と思ってしまうもの。
 

実は毛穴の開きは乾燥が原因の場合が多いのです。

 
聞いたことのある方もいるかもしれませんが、鼻の上にできるポツポツは「角栓」と言って、乾燥が原因で皮脂が多く分泌され、毛穴に溜まった汚れが固くなってしまったものなんです。

 

頬にできた毛穴の開きも、お肌の潤いが少なくなってしまったことから、乾燥状態をカヴァーしようと皮脂が余計に分泌され、元の小さい状態に戻れなくなってしまっているんです。
 

では、どうするれば毛穴の開きはなくなるのか?そうです、「保湿」です。

 
お肌の乾燥で開いてしまった毛穴なら、保湿で乾燥状態を改善するしかないのです。

 

アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)の保湿力は、粒子の細かいヒト型セラミドや、ヴァイタサイクルヴェールと呼ばれるディセンシア独自の技術のおかげで非常に高いとされていますし、わたしも使っていて一番に感じたのが潤い力でした。
 

もちろん、どんなに良い基礎化粧品を使っても、生活の別の部分で乾燥の原因を作っていては元も子もありません。

 

特に、洗顔する時に顔を強くこすることには、気を付けてください。

 
優しくくるくる回すようにして汚れをしっかり落としてあげましょう。アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)は、他の化粧水を使う時と同じで、洗顔後に使用します。

 

わたしは特に変わった使い方はしていませんが、夏なら化粧水を冷蔵庫で冷やしておくというのも良いかもしれませんね。
 

冷やした化粧水をたっぷりと手にプッシュして、毛穴の開きが気になるところに乗せます。
 

毛穴は冷やすとキュッと締まる効果があるとされています。

 


 

濃厚な(美容液のような)化粧水を、顔からデコルテまで浸透させます。朝つけると終日、十分な潤いを与えることもできます。

 

さらにお風呂上りだとひんやりとした使用感が気持ちよくて気分的にもリフレッシュにもなりますよ。

 
この「冷やした化粧水を使う」を1週間続けてみて、わたしの場合はみるみるうちに毛穴の開きが目立ちにくくなり、保湿のおかげで肌にハリが出てきました。
 

ただ、わたしの感想であり、一般的なアヤナスの使用方法ではないため、その点は個人の判断でお願いいたします(^v^;

 

保湿力が優れているアヤナスならではのメリットとしては、大人ニキビの予防につながるということも挙げられると思います。

 

大人の女性なら多くの人が経験している大人ニキビ。

 

顎や口周りにしつこく出来るし、本当に嫌になりますよね。そんな大人ニキビの原因の一つに、乾燥があるといわれています。

 

ニキビと言えば脂っぽい肌に出来るイメージがありますが、それは思春期に出来るニキビです。

 

大人ニキビはそれとは少し違います。毛穴の詰まりが原因なのです。では何故、肌が乾燥すると毛穴が詰まるのか説明します。

 

『肌の乾燥で毛穴が詰まる?』

 

肌が乾燥すると、角質層が厚くなる角化異常がおこります。
 

角化異常を起こした肌は角質をはがれにくくしてしまうのですね。

 

そして、毛穴の中に古い角質が残ってしまうんです。毛穴に残った古い角質は皮脂と混ざって、角栓を作り毛穴を詰まらせてしまいます。その毛穴が炎症を起こし、ニキビが出来るのです。

 

 

もうひとつの理由としては、肌が乾燥する=肌のバリア機能が低下することになります。

 

バリア機能が低下すると、肌はそれを補おうとして皮脂を過剰に分泌させます。

 

そして、それが毛穴を詰まらせて大人ニキビが発生するのです。肌の乾燥は大人ニキビの大きな要因となっていたんですね。

 
大人ニキビを発生させるような皮膚の乾燥の場合、先ほども言ったように、まずバリア機能の回復が必要ですが、アヤナスの化粧水はこの点でも有効です。

 

ストレスバリアコンプレックスと呼ばれる、ディセンシアのオリジナル配合が弱ったバリア機能に働きかけます。

 

さらに、高浸透型のグリセリンとセラミドを使用することにより、肌の奥まで保湿成分をしっかりと届ける設計になっています。

 

一般の洗顔料には洗浄剤の一つとして界面活性剤が含まれています。
 

界面活性剤は肌への刺激がとても強く、肌が本来必要とする皮脂まで奪い去ってしまいます。

 

わたしたちのお肌は、ちょっとした日々の動作の中で傷つきます。肌が傷つくというのは、肌表面の細胞が破壊されてしまうということですね。

 

たとえばメイク落としですが、クレンジングオイルは洗顔料よりさらに刺激が強いようです。

 

乾燥を防ぐ為に、洗顔料を使う洗顔は多くて一日2回ともいわれています。

 

力を入れて洗ってしまうと、その刺激により肌の角質層を傷めてしまい、肌が乾燥してしまうので、洗い方にも注意が必要です。

 
アヤナスの化粧水は、傷ついた角質層、表皮、真皮の3つに対しアプローチをして、乾燥やハリ弾力不足、炎症を起こしやすいトラブル肌を健康に導きます。

 


 

時々、アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)は赤ら顔にどうなの、といわれていますがそういう理由で効果が期待できるのではないでしょうか。

 

メイクでも隠し切れない赤ら顔は、自分が恥ずかしいと思うだけではなくて、放っておくと肌の内部の機能にまでトラブルが起こってしまい軽く見ることができません。
 

この赤ら顔の原因は実は肌の炎症から来ているとされています。

 

肌の表面は健康であれば肌細胞やキメの合間の適度な隙間や毛穴からの呼吸で、不要なものを排出したり新陳代謝をしています。

 

ところが乾燥によって細胞間をつなぐ部分がしぼんでしまったり、キメが崩れてめくれてしまって隙間だらけになり、肌内部の水分が蒸発過多になってしまいます。
 

こうなると乾燥がどんどん進み炎症が起こってしまい赤くなってしまうのです。
 

さらに赤くなると肌の抵抗力も落ちてしまい、外気からのちょっとした刺激にも反応してもっと赤く炎症になってしまう悪循環に陥ってしまいます。

 

アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)には、この炎症を防ぐ効果があるとされているコウエキスも配合されています。

 

また、肌機能や肌細胞が健康的に働くためには水分が一定以上なくてはいけません。

 

炎症を抑えるには水分で冷やすことが必要ですし、自然治癒力が高まるためにも細胞が正常に働くことが前提です。

 

細胞は肌細胞だけではなく体全体の細胞にも言えますが、水分を含んでいないと働きが低下してしまったり、機能しない細胞も出てきます。

 

肌を正常に保つためには水分で潤っている肌にすることが基本なのです。

 

また、外からの刺激から守るためにもバリア機能を高めて、これ以上の刺激で赤くならないようにすることも大切です。
 

 

バリア機能は潤いある弾力性の高い肌ではないと、刺激を跳ね返すパワーがありません。

 

その機能が落ちている赤ら顔の場合は人工的にバリアとなってくれる保湿をすることで、弱っている機能をカバーできます。
 

保湿することで外からの刺激から守ることもできますし、肌内部の機能の回復と維持にも大きな手助けをしてくれます。

 

アヤナス化粧水は、高浸透グリセリンやヒト型ナノセラミドの保水力、さらにコウエキスの炎症対策力、バリア機能を総合的に高める設計…赤ら顔で悩んでいる場合にも合っていると言えそうです。

 

さらに、スキンケアに興味を持っている方なら、インナードライ肌というのは耳にしたことがあるかもしれません。

 

インナー肌とはその名の通り、肌の内側から乾燥をしてしまった状態のことを指します。
 

通常の乾燥肌とは違い、肌の深部から乾燥をしてしまっている状態のことを指しますから、特徴やケアの方法もまた違ってくるのです。

 

インナードライ肌は乾燥肌の1種であるのにも関わらず、肌の見た目が脂性肌に見えるので非常に厄介なのです。
 

これは肌の内部が乾燥していることによって、肌が水分の蒸発を防ごうと皮脂を分泌し、肌の水分量を減少させないように、皮脂は肌表面を覆って水分が逃げないようにする肌のバリアの役割を行っていることからこのような状態になってしまいます。
 


 

このようなインナードライ肌を解決していくためには保湿がとても大事ではあるのですが、保湿の方法や化粧水などに含まれている成分によって、インナードライ肌を悪化させたり、うまく直すことができなかったりしてしまいます。

 

特に含有物として選んではならない化粧水の成分は肌の水分が蒸発するのを防ぐ皮脂膜を壊してしまうアルコール(エタノール)が入っていたり、摩擦が起こることによってよりインナードライ肌を助長させてしまう拭き取りタイプの化粧水が挙げられます。

 

このようなインナードライ肌を防ぐために大事なものの成分としてセラミドが挙げられるのです。
 

何度も触れていますが、アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)のセラミドはとても優秀ですよ~(^^*)

 
セラミドとは肌の角質層で保水を司っている細胞の主成分かつスポンジの役割をしているものです。

 

高保湿成分と言われており、低刺激で内部から乾燥している肌を守ってくれることからセラミドはとても大事であるといえます。
 

また、セラミドの表記の後に1.2.3などと言ったと数字が記載されている「ヒト型セラミド」と言うものが配合されているセラミドを使用するとより良いとされています。
 

このことによってセラミドは女性の皆さんが悩んでいるインナードライ肌の根本的に直してくれる成分であるといえます。
 
アヤナスの化粧水に配合されているセラミドは、「ヒト型セラミド」。

 

このセラミドは人の皮膚と親和性が高い他、粒子が非常に細かく、さらにアヤナスでは美肌成分のコーティング剤として使われているため、皮膚の奥で溶けだした(他の成分との)相乗効果が期待できるのです♪

 

⇒アヤナス(ayanasu)化粧水について

 

【アイテム訴求・化粧水】アヤナストライアルセット
 


 

このページとよく似たページです:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このサイトについて

            Snowman on sand

みんなで作り上げていくブログです。それぞれ違う年齢、立場の方々から、体験談・口コミや、季節に関する、さまざまな豆知識を収集し、発信しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る