フィットパートナー パンプスの口コミ。痛くならないって本当?

この記事は2分で読めます

フィットパートナー パンプスの口コミ。痛くならないって本当?

 

足が痛くならないパンプスとして、InRedやRay、Soupなど有名雑誌で取り上げられることも増えた、フィットパートナーをご存知でしょうか。

 

<フィットパートナーの口コミと評価>

 

※詳しくは⇒フィットパートナー パンプスについて

 

 

フィットパートナーのシューズ(パンプスが)歩きやすいのには理由があるんですね。
 

一つは、パンプスのインソールに、通常ではないアスリート専用インソールを使用していることです。

 

そのため、普通のパンプスよりも足のアーチ部分に対する負担が少なくなっているんですね。
 

言い換えると、インソールが土踏まずをサポートしてくれるともいえます。土踏まずの部分にあたるインソールにクッション性がありますし、また、土踏まずを支えるかたちになっているために長時間歩いたり、立ちっぱなしでも痛くなりにくいと思いますよ。

 

インソールは、フィットパートナーのパンプスが足にやさしい一番の理由かもしれませんね。
 

他にも、フィットパートナーのパンプスをおすすめする理由があります。フィットパートナーのパンプスは、ヒール自体がしっかりしていて、安定しているということ。
 

ヒールは、3cm~6cmくらいまでが出ています、いずれもかかとの部分を上からしっかり押したり、試し履きの際に歩いてもグラつかない作りになっていて疲れにくいです。
 

また、フィットパートナーのパンプスにはねじっても負けない強度もあります。

 

ぞうきんを絞るように、パンプスをねじっても、土踏まずに当たる部分がぐにゃっとねじれないこと。それが良いパンプスを選ぶ判断方法の一つです。
 

この部分に安定したしっかりとした硬さがないと、足が疲れたり、痛みがでたりしてしまうんですね。
 

また、前側3分の1でしっかり曲がる、というのも特徴です。足指を使ってきちんと歩くためには、靴底の前側3分の1でソールがしっかりと曲がらないといけません。ここが曲がらないと、指先で地面を蹴ることができないからです。
 

必要な強度があると同時にしなやかさももちあわせるのが、よいパンプスなのです。
 

フィットパートナーのパンプスは、最近では上戸彩さんが使用していることでも有名になりました。
 

いずれも質の良さを感じさせる本革、仕事で活躍する黒パンプスが主流ですが、トゥの部分がラウンドタイプから、スクエア、ポインテッドなどデザインがいろいろあるので、その時や場に合ったものを選べると思います♪

 

※詳しくは⇒フィットパートナー パンプスについて

 



 

このページとよく似たページです:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このサイトについて

            Snowman on sand

みんなで作り上げていくブログです。それぞれ違う年齢、立場の方々から、体験談・口コミや、季節に関する、さまざまな豆知識を収集し、発信しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る