夏の遮熱カーテンは効果ありました。遮光カーテンとの違い

この記事は2分で読めます

私の家のリビングは南に面していますので、採光にも優れ、冬は太陽が入って大変に暖かいのですが問題は夏場です。

 

 

直射日光は角度の加減であまり入りません。それでも窓の近くによると、熱気が感じられるどころか、窓の方を向いただけで背面と前面の温度差が感じられる、大変に問題ありの出窓があります。

 

出来るだけエアコンは使わないようにしてますので、勿論窓を開けて風を通しています。

 

 

でもこの窓を開けると熱風が入ってきて逆効果のようなので、小窓の方から外の風を入れているのですが、それだけではどうにも対処出来ませんでした。

 

 

もういっそ、遮光カーテンにしてやろうかと思ったのも事実です。

 

 

部屋の中が真っ暗になりますが、少なくとも陽をさえぎる分楽になるのでは。思いついたが吉日で、家の斜め前にあるカーテン専門店に相談しに行きました。

 

 

店員さんとしては、遮光カーテンはやはり最後の手段にしたほうがいいという意見で、進めてくれたのは「遮熱カーテン」でした。

 

 

遮熱カーテンと遮光カーテン、最初は違いを知りませんでした。

 

 

寡聞にして、その名前を知らなかった私に店員さんが説明してくれたのですが、読んで字のごとく「熱を遮る」カーテン。

 

 

見た目は、部屋の内側にかけるレースのカーテンのちょっと厚めのものです。実際に、レースのカーテンの替わりにかけます。

 

 

普通のレースカーテンに比べると、地が厚いだけ部屋の中の明るさは減りますが、それより何より・・・確かに体感気温が違ってきました。

 

 

明らかに熱を遮ってくれてます、非常に役に立ってくれましたのでそれ以来ずっと使用しています。

 

 

意外と知られていないと言うか、昨今購入された方は意識することなくそちらのセットを購入されているようですので、ご自覚がないかもしれませんね。

 

 

ただ古くからお住まいで、あまりカーテンの架け替えなどなさらない方には、これはお勧めです。電気代の節約にもなるので、そちらの意味でもお役立ちです。

 

 

またこれには「紫外線カット」効果の付随したものもありますので、そちらなら肌の弱い方にもいっそう役に立つと思います。

 

スポンサーリンク

 
  

このページとよく似たページです:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このサイトについて

            Snowman on sand

みんなで作り上げていくブログです。それぞれ違う年齢、立場の方々から、体験談・口コミや、季節に関する、さまざまな豆知識を収集し、発信しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る